ダイエットで一番痩せる方式は?

“一番痩せる方式”ときくと、今直ぐにも試したいとおもいますよね?“豆腐ダイエット”“バナナダイエット”“低炭水化物ダイエット”“低カロリーダイエット”等、“これが一番痩せる方式!”と呼ばれるダイエット法がいっぱい有ります。

ですが、これらのダイエットは、どれも過剰なお食事制限なって、続かなかったりリバウンドしてしまったりして、ダイエットが誤りしてしまうことが沢山のです

なぜかと言うと、これらのダイエットはカロリーを大はばに除去することによって、脳が飢餓有り様になり、脂肪を溜めるように働いてしまうからです。

より一層、脳のエネルギー源となる“ブドウ糖”を必要として、筋肉を分解するので、基礎代謝量が下がってしまうのです。

“痩せたいからお食事制限しないと”とまずかんがえる人も沢山とおもいますが、そのかんがえ方から離れましょう。

痩せたいと思っているのなら、食べ過ぎをやめて腹八分目にしましょう。

直ぐに痩せたいからと言って、お食事の量を急に今までの半分以下にしたケース、体は飢餓有り様だと勘差異してしまうので、リバウンドしやすくなるのです。

このことから、お食事の量を減らしすぎず腹八分目にすることが“一番痩せる方式”と言えるのです。

お食事を腹八分目に減らすだけだとしても、摂取カロリーも少なくなるので、脂肪が分解し燃焼されやすくなりますが、より痩せやすくする為には、新たに体脂肪を溜めないようにする必要が有ります。

その為には、お食事の取り方をアレンジして体脂肪を溜めないようにして、有酸素スポーツや筋トレを行って蓄積した体脂肪を落とすことがたいせつですのです。

体脂肪を落とすためのスポーツ


体に蓄積してしまった体脂肪を落とす為には、やはりスポーツすることがたいせつです。

“スポーツが一番痩せる方式”と言っても良いくらいです。

スポーツを全く行なわないダイエット方式は、一時期ウエイトは減るかも知れませんが、体脂肪は全く落ちないのです。

それ何処ろか、内臓脂肪がたまって、多様な生活習慣病の原因にもなってしまいます。

スポーツをせずに痩せると言うこというのは、筋肉や血液、骨の量が減って、その分ウエイトが節減したとかんがえられ、体にとってリスクなことですのです。

その為、スポーツは一番痩せる方式としてすさまじくたいせつですのです。

スポーツと言っても、“有酸素スポーツ”や“筋力トレーニング”が有りますが、エネルギー源はおのおの違ってきます

有酸素スポーツは心拍数が1分間に120以下だと効力が出がたくて、120以上になると筋トレの有り様になります。

つまりは、有酸素スポーツで体脂肪が最も燃え易いのは、心拍数が1分間に120の有り様と言うことです。

ウォーキングは脂肪を燃やすのに良いスポーツですが、ただゆっくりと歩いているだけでは、心拍数は上がらないので、脂肪も燃焼しません。

心拍数120のスポーツというのは、ウォーキングなら早足で、軽いジョギングくらいの呼吸が少し弾むくらいのスポーツが一番痩せる方式ですのです。

心拍数120までの主なエネルギー源は“脂肪”ですので、心拍数が上がって筋トレのような無酸素スポーツになると、“糖質”がエネルギー源として多くなります。

その為、スポーツによって体脂肪を落としたいのなら、辛いキツいスポーツを行なうと比べると、心拍数120くらいに安定させる方が有効ですのです。