痩せるためのスポーツは食前?食後?

一番痩せる方式は、心拍数120くらいの有酸素スポーツを行って、脂肪を燃焼させることですが、筋トレなどの無酸素スポーツはダイエットによくないわけでは有りません。

筋トレは脂肪を燃焼する効力は低めのですが、筋肉をつけるにはすさまじく良いです。

筋肉をつけると、基礎代謝を上げることが出来るので、スポーツをしていない時だとしても脂肪を燃焼させることが出来るのです

つまりは、有酸素スポーツと無酸素スポーツを組み合わせることで、脂肪を1日中燃焼させることができ、太りがたく痩せ易い体質になると言うことです。

有酸素スポーツは空腹有り様で行なえば、脂肪を直ぐに燃焼させることが出来ます、。

空腹時の血糖値が低めの有り様では、すい臓から血糖値をコントロールするホルモン“グルカゴン”が放出されて、脂肪分解酵素“リパーゼ”を活発化させます。

これによって、体脂肪は溶け出して血液のなかに流れ出しているので、この時に有酸素スポーツを行なえば、血液中の大量の脂肪を燃焼させることが出来ると言うことです。

お食事をしてからスポーツを行なうケースではは、2~3時間はあけてから行ないましょう。

食して直ぐにスポーツを行なうと、まだ食べたものが胃のなかに存在するので、消化が悪くなってしまいます。

食後2~3時間後は、血糖値が安定した有り様ですので、交感神経を高める為に、20分くらいのスポーツを行なうことで、アドレナリンとノルアドレナリンが出るので、リパーゼに働きかけて脂肪の分解が始まります。

そういったに時間をとっていられない人は、おなかが空いた有り様のお食事前に有酸素スポーツを行なうことが、一番痩せる方式としておススメします。

体脂肪を溜めないお食事の取り方


一番痩せる方式というのは
、スポーツを行って蓄積された脂肪を燃焼させることですが、より痩せやすくする為には、今まで以上に、体脂肪のなかに中性脂肪を溜めないようにすることによってす。

“お風呂”で例えてみると、浴槽いっぱい入ったお湯が脂肪で、小さなコップでお湯を少しずつすくって捨てていく作業がスポーツになります。

そうかんがえると、スポーツで脂肪を落とすこというのはすさまじく地道な作業と言うことが分かりますよね?だとしても、その浴槽に桶でお湯をドバっと入れる、つまりは、一気に食べ通り越して脂肪を増やしてしまうと、いつまだとしても痩せるわけが有りません。

少しずつ減らした努力もなんの訳もなくなってしまうのです。

こみたいに、今と比べると体脂肪を溜めないで一番痩せる方式は、お食事の取り方に気を付けることもたいせつですのです。

その食べ方を容易にまとめると、“一気に食べ過ぎない”“満腹の時によって一層食べない”“血糖値を急激に上げない”“就寝前に食べない”と言うことです。

これらに忠告するだけで、体脂肪が溜まらないようになります。

そして、より一層スポーツを心がけることで、痩せ易い体になります。

満腹の時によって一層食べたり、食べ続けたりしたケース、余分な体脂肪として変換されてしまいます。

ダイエットを達成させる為には、1日3食のお食事をバランスよく食べ、間食は3時に一度だけ内容をかんがえたものを食すくらいにしましょう。

体脂肪をたまりがたくするには、お食事を極度に減らすと比べると、3食しっかり食べた方が良いことを覚えておきましょう。