ダイエット中のお食事のポイント

ダイエットの食べ方で一番痩せる方式として、“脂っこいものを抑制する”“甘口ものを食べない”“お食事を抜く”“カロリーの低めの食品に置き換える”“断食”等を耳にしたことがあるとおもいます。

そして、これらのダイエット法を試したことがある方も沢山とおもいます。

ですが、これらの極度なお食事制限のダイエット法を行っても、健康的に痩せるこというのは出来ませんし、リバウンドをして逆に太ってしまう見込みが高いのです。

食べ方で一番痩せる方式というのは、すさまじくシンプルなことで“1日3食栄養バランスの整ったお食事をとること”“腹八分目に抑制すること”です。

ですが、“どうしても食欲が抑えられない!”と言う方もいるでしょう。

それでは、ダイエット効力の上がるお食事の食べ方のポイントを案内します。

まず、なぜ腹八分目がたいせつなのかと言うと、筋肉と肝臓に存在する“ブドウ糖の一時的な保存所”のような働きを行なう“グリコーゲン”に蓄えることが出来る量には、制限があるからです。

肝臓に存在するグリコーゲンが蓄積出来るのは300kcalくらいですので、それを超えるカロリーを摂取したケースではは、その分が体脂肪として蓄積されてしまうのです。

その為、一度のお食事の量を取りすぎないで、カロリーが少なく腹持ちの良いものを食すことで、体脂肪がつきがたくなるのです

次のお食事までに、出来るだけ活動をして、カロリーを消費させておくと良いです、。

より一層、筋肉のグリコーゲンを減らす為には、食前に筋トレを行っておくことで、脂肪がつきにくい体になります。

朝食のたいせつさ


ダイエットをしている人は、“食すと太るから、1食だとしても抜いた方が良いのでは?”とかんがえてお食事を抜いたり、“朝は食す気がしないから、昼食と供にすることによって、その分摂取カロリーが少なくなる。

”とおもい込んで朝食を食べなかったりする方も沢山でしょう。

一番痩せる方式としてのお食事の取り方は、朝・昼・夕の3食をちゃんと食すことです。

特に、朝は、前の日の夕食から何も食していない有り様ですので、エネルギーを保存する肝臓のグリコーゲンのタンクも残りが少なくなって、低血糖の有り様になっているのです。

朝食抜きダイエットを行なうと、体は飢餓有り様だとおもい込んでいるので、その日の初めのお食事となる昼食で食すものは、体脂肪として溜め込んでしまうのです。

その為、まったくダイエットとして効力がないと言うことです。

私たちの肝臓のグリコーゲンタンクは300kcalくらいで、約13~14時間で蓄えが尽きるので、前日の夜7時頃夕食を取ったとしたケース、次の日の朝8時までタンクはもつことになります。

その為、タンクの蓄えがなくなる朝起きた時間にお食事をとるこというのは、すさまじくたいせつだと言うことが分かるとおもいます。

朝食を抜くとブドウ糖が不足しているので、頭が働かずお勤めや勉学に集中できなくなってしまいます、。

それに、消費カロリーは減りますし、体温も上がらなくなります。

こんな食習慣が続くと、冷え性や便秘、人肌荒れを誘発したりに、ガンなどの深刻な病気にかかったりすることも有ります。

その為、一番痩せる方式としてだけじゃなく、健康をキープする為にも朝食はバランスよくちゃんと食すようにしましょう