夕食時間の鉄則

ダイエットをしている方にとっては、“一番痩せる方式”はすさまじく気になるとおもいます。

ここでは、一番痩せる方式のなかだとしても夕食の取り方のポイントを案内します。

ダイエットをかんがえている方なら知っているとおもいますが、夕食の鉄則は、就寝の3時間前には食べ終了していることです。

太らないように気を付けている方なら実践しているとおもいますが、知らなかったり実践できなかったりする方は、“自分は太り易いな”と感覚ているとおもいます。

就寝前3時間以内に食べないことを守ることで、太りがたくなるだけでなく、美容にも良い効力があるので実践しましょう。

お食事を抜いたり、満足いかないダイエット食品に置き換えたり、炭水化物を我慢したり等、心理的負荷のたまるダイエット法を行なうと比べると、夕食の時間を守ることを実践した方が痩せることが出来るのです。

寝る前にお食事を行なうと、眠ろうとしても胃は消化さる為に働きます。

そうなると、脳に血液が送られなくなりグッスリと眠ることができなくなってしまいます

浅い眠りは、成長ホルモンが放出されないので、十分に脂肪の分解と燃焼が行なわれずに、ダイエットにはよく有りません。

寝る前3時間食べない方式はすさまじくダイエット効力が有りますが、それだとしても心理的負荷がたまってドカ食いしてしまいそうと言う方は、おやつを食しても良いです。

だとしても、おやつはいつだとしても何だとしても食しても良いわけではなく、お昼の3時に血糖値の上がりにくいヨーグルト、ゼリー、プリン、ココア等にしましょう

なぜ3時かと言うと、この時間は脂肪が蓄積されがたく、太りにくいとかんがえられているからです。

これらのことを守って、楽しくダイエットを続けられると良いですね

よく噛むだけでダイエット


お食事の時に気を付けることで、容易に一番痩せる方式としておススメなのが、“よく噛むこと”です。

この方式は、お食事制限やスポーツが苦手な方に特に有効です。

なぜよく噛むことが一番痩せる方式なのかと言うと、よく噛むと脳の働きが活発になり、満腹中枢が刺激されるので、わずか量だとしても“腹部いっぱい”と脳は認識させることが出来るのです。

その為、カロリーの摂取量を抑えたり、食べ過ぎを防いだりすることが出来るのです

よく噛んで食すことで唾液が放出され、糖が分解されて血糖値が上がるので、より一層満腹中枢が刺激されます、。

より一層、お食事を開始してから20分くらいしたケース、“レプチン”と言う食欲を抑制するホルモンが放出されるので、食す量が少なくてもゆっくりよく噛んで食すことで、腹部がいっぱいになったと感覚られるのです。

これらの効力を獲得する為には、一口で30回は噛んで食すようにしましょう。

一口に30回噛んで食すとダイエット効力があると言うことで、お食事をとる1時間くらい前からガムを噛むと良いです、。

出来ることならキシリトールガムを選定して、毎食1時間くらい前から噛むようにしましょう。

ガムを噛んでいると満腹感が得られるだけでなく、口が疲れることで食欲もなくなってきます。

その為、その後のお食事の量もおのずと抑制することが出来ると言うことです。

このお食事前にガムを噛むダイエットを2週間実践して、3kg痩せたと言う方もいるので、願わくは試してみて頂戴。