“食す順番”で太りがたくなる!

“お食事制限は心理的負荷が溜まる”“お好みなものを我慢するなんて辛い”と言う理由で、ダイエットに挫折した経験のある方は沢山とおもいます。

急いで痩せることが出来るから、一番痩せる方式だからと間違った情報から極度に食べないダイエットを行っている方もかなり沢山みたいです

極度なお食事制限を行なえば、当然それだけウエイトは減り、急いで痩せることができたとおもうかも知れません。

ですが、その間違ったダイエットを続けていると、心理的負荷がかなり溜まり我慢が限界に達して、おもいっきり食してしまい、それが止まらなくなってしまうことも有ります。

お食事制限ダイエットをして、その後バク食いしなかったとしても、通例のお食事に戻しただけだとしても太りやすくなってしまいます、。

一番痩せる方式というのは、お食事を1日3食バランスよく食べ、適度なスポーツを行なうことです。

お食事を極度に減らすダイエットは、美しく痩せるこというのは出来ませんし、健康にも悪影響を及ぼします。

3食のお食事をとるにしても、より効力を上げる方式が有ります、。

それは、“食す順番”をアレンジすることによってす。

ダイエットに効力的な食す順番で理想的なメニューで表すと次の順番です。

果物2、生野菜、温野菜、キノコ類、海藻類3、みそ汁やスープなどの汁物4、納豆、漬物などの発酵食品5、豆類や大豆食品などの植物性タンパク質6、肉や魚などの動物性タンパク質7、ごはんやパン、麺類などの炭水化物となってきますが、わかりやすくまとめると、初めに野菜、次にタンパク質、最後に炭水化物の順番になります、。

いつもこの順番を守ってお食事をとることで、太りがたくなるのです。

食す順番でダイエット


ダイエット中のお食事の取り方で、一番痩せる方式として、食す順番に気を付けることが有ります。

それは、野菜、タンパク質、炭水化物の順に食すのですが、これを守ることによって、効率的にダイエットを進めることが出来るのです

それでは、なぜ食す順番を変更するだけで、一番痩せる方式となるのでしょうか?まず、なぜ野菜から食べ始めると良いのかと言うと、野菜を初めに食すことで、血糖値の上昇を緩めることが出来るからです。

血糖値は、炭水化物を摂取したケース上昇し、体内でエネルギー源となる“ブドウ糖”を運ぶ“インスリン”が放出されます。

もし炭水化物を摂りすぎると、肝臓や筋肉に運ばれるはずのブドウ糖が貯蔵しきれず余ってしまい、その分が脂肪となって蓄積されてしまうのです。

このことから、ダイエットを進めるには、血糖値が上昇しないようにすることがたいせつで、それを助けてくれるのが“野菜”ですのです。

お食事の一番初めに野菜を食すことによって、インスリンの量を抑制することができ、脂肪の蓄積を防ぐ効力があるのです。

野菜を初めにいっぱい食すことで、あるくらい腹部がいっぱいなって、その後のおかずやごはんなどの食べ過ぎを防ぐメリットも有ります、。

食す順番を守っているからといって、いっぱい食べ通り越したりカロリーを摂りすぎたりしては全く訳がないので、カロリーのすさまじくわずか野菜をいっぱい食して満腹感をあるくらい得られれば、食べ通り越すこともなくなると言うことです。