夕食抜きダイエットのポイント

夕食を抜くだけのダイエットは、短期間で一番痩せる方式といわれていますが、効率的にダイエット効力を出す為には、ポイントがいくつかあるので確かめて頂戴。

朝食と昼食は、どんなお食事にすることによって良いのかと言うと、それはいつも通りで良いです。

“朝食も昼食も少なくした方が急いで痩せられるはず”とかんがえる方もいるかも知れませんが、夜腹部が空かないようにしっかり食べましょう。

間食も食しても良いですが、ダイエット中と言うことをかんがえて、カロリーが低くヘルシーなものを選定して、量を調整して食べましょう。

夕食の時間となる18時以後は何も食べないようにするのですが、水やお茶を飲んで水分は補給しましょう。

夜腹部が空いてイライラしたりおもい悪くなったりしてしまう方は、夕方早めの時間にダイエット中だとしても安心出来るものを軽く食しておきましょう。

たとえば、カロリーの少なく栄養盛りだくさんの野菜スープや、リラックス効力のある紅茶やハーブティー、ホットミルク等を飲むと良いでしょう。

腹部が空いたら、我慢できずに何か食してしまうと言う方はスウィーツやインスタント食品等を家にストックしておかないようにしましょう

夕食抜きダイエットは短期間で一番痩せ易い方式ですので、順調に続けることでウエイトも減ってきます。

だからといってずっと夕食を抜いていると、身体の具合を崩してしまうことになります。

身体の具合を崩すとそれを治す為に、栄養価の高いものを取り入れる必要があるので、身体の具合が戻るとともにウエイトも戻ってしまうことになります。

その為、夕食抜きダイエットは短期間で行なうことを守り、その後は夕食を食すようにしましょう。

その際は、お食事の量や内容を十分にかんがえて、揚げ物などのカロリーと脂肪分の沢山ものは抑えましょう。

夕食を食すことで摂取カロリーが増加するので、そのカロリーを消費する為に、適度な有酸素スポーツを行ないましょう、。

お食事制限中に気を付ける栄養素


ダイエットの誤りでよくあることが、兎にも角にも食すことを我慢し、摂取カロリーを減らすことが一番痩せる方式だとおもい込み、リバウンドしたり身体の具合を崩したり、ダイエットに挫折してしまうのです。

ダイエット中だとしても、筋肉を創る“タンパク質”を必要な量を摂取し、そのほかの栄養素もバランスよく摂りながら、カロリーを抑制する食習慣が一番痩せる方式ですのです。

ダイエットを達成させ、その後もウエイトをキープしリバウンドさせない為には、急いで収穫を出そうと頑張りすぎたり無理したりしないことです。

栄養をバランスよく取り入れることを意識することによって、それが健康的で一番痩せる方式です。

それでは、お食事を制限する際に、特に気を付けてあったら嬉しい栄養素に対して取り上げます

“炭水化物”には、エネルギーの源となる糖質がいっぱい含有されています。

生きる為に必要な栄養素ですが、ごはん(白米)150gでは角砂糖約17個分の糖質が含有されていることになります。

その為、お食事を制限するポイントとして、炭水化物を減らすことでダイエット効力も上がると言うことです

たとえば、朝食や昼食でごはんやパン、麺類などの炭水化物を半分にして、夕食は全く食べないようにする等、お食事のなかでなるべく炭水化物を摂らないようにアレンジしましょう。

甘口糖質は“中毒性”があるので、初めはすさまじく辛いとおもいますが、1週間通り越す頃には、慣れて体も軽くなり調子がよくなることも有ります、。

お食事制限によるダイエット中は、“タンパク質”をしっかり取り入れる必要が有ります。

なぜなら、ダイエットで脂肪を燃焼させると、筋肉も供に燃やされてしまうので、基礎代謝が落ちてしまうからです。

その為、ウエイト1kgでタンパク質1gを目安に摂取して頂戴。

ウエイトが60kgの方なら肉や魚を60gくらい食すと良いのです。