成人の日

成人の日(せいじんのひ)は、1948年に法律で定められた国民の祝日です。

成人の日は大人になったと本人に自覚させて、自分自身で生き抜いて行く力を持とうとする青年たちを祝って励ます日にしようと言うのが始まりです

毎年1月15日には、全国各地の市区町村でその年に成人する新成人を集めて成人式を催しています。

ただし、雪深いスポットや都市部に住んでいる新成人が帰省し易いようにと5月のゴールデンウィークや8月のお盆に成人式をしている地区も有ります。

新成人と言うのはほんらいは前年の成人の日の翌日から1年後の成人の日までに20歳の出現日を迎える人を指します。

しかし近頃では学年単位でかんがえて前年の4月2日から1年後の4月1日までに20歳の出現日を迎える人を指しています。

また国民の祝日となる成人の日は1948年の制定当初から1999年までは毎年1月15日と決められていました

しかし2000年に“ハッピーマンデー法”と言う法律が制定されて変わりました。

1月15日ではなく、1月の第2月曜日に変わったのです。

ハッピーマンデー法は月曜日に祝日を持ってくることによって、土曜日、日曜日と連続して3日間休日になり余暇を過ごしやすくしようと言う目標で制定されました。

ハッピーマンデー法では、同様にして海の日を従来の7月20日から7月の第3月曜日としました。

他にも敬老の日が9月15日から9月の第3月曜日へ、体育の日が10月10日から10月の第2月曜日となりました。

意義

成人の日が存在している正式な意義をご存じでしょうか。

成人の日には、その年に20歳を迎える新成人たちがそれまで両親や周囲の大人たちに育てられ守られてきた時期を終えて自立したケースき。

つまり大人の世間へ足を踏み出すと言うことを本人にあらためて自覚させる為に成人式と言う儀式を行なう日が“成人の日”ですのです。

各地方の自治体が主催して地元の小学校や中学校で開催される成人式には、世間一般的に正装をして参加します。

女の人は振袖を着て男性は羽織袴やスーツを着ます。

成人式では市長や村長等から祝辞を贈られます。

しかしながらガッカリな傾向として、近頃だとしてもこの成人式でトラブルが続出して世間を賑わしてニュースとなっています。

祝辞を述べている市長や村長等に向かって野次を飛ばしたりひどいときには物を投げたりします。

またお酒を飲んで式の間大声で酒盛りをして騒ぐ新成人までいます。

今の法律では20歳になると、お酒や喫煙を認められて選挙権も与えられています。

その為公にお酒が飲める、たばこが吸えると心持ちを爆発させるのでしょう

こんな光景をニュースで目にしたケース、どうも近頃の若者の意識として成人の日に大人になると言う自覚を持つと比べると、就職して大人の仲間入りと言う認識が強いようにおもえます。

また成人式は同級生に会えると言う同窓会感覚で参加している新成人も多くみられます。

成人式と言う儀式の存在意義がなくなってきてしまっているようで寂しい気がします。

タグ: , , , ,