昔の儀式

成人を祝うと言う成人の日の風習は、昔から儀式として存在していました。

その昔成人の日には、これまでのスタイルをあらためて付近に成人したことを示していました。

男子は服を替えて髪の毛を結って冠や鳥帽子をつけました。

より一層今でいう成人式にあたる、元服をして幼名を烏帽子名にしたケースいう烏帽子式がおこなわれていました。

女子のケースではは腰から下に“裳”と言う衣服を修養“裳着”や、髪を結って上げる“髪上”、歯を黒くする“お歯黒”などの儀式を行ないました。

これらの成人の日の儀式は、貴族などの身分の高い人だけじゃなく一般庶民の村人などの間だとしてもおこなわれていました。

しかしこの成人と言う基準は、今みたいに20歳になったらと言うように年齢で決められてはいませんでした。

昔は1日にこれ程物を売れたら1人前である等、年齢には関係がなくその決められた行為が出来るかどうかで判断されていました。

こんな昔ながらの成人の儀式は明治時代以後に衰退しました。

なぜならば明治時代以後には、徴兵制度が始まり男子に兵役が義務付けられたからです。

この兵役をおこなう為に徴兵検査を受けなければならず、これに通れば一人前と扱われて成人式の意義を持つようになったからです。

そして戦後になってこの徴兵制度がなくなってから、1948年にあらためて成人の日が国民の祝日として法律で制定されたのです。

こみたいにして昔から、子の成人を祝う制度は形が違っても存在していたのです。

新成人研究会

東京に成人式を研究している団体が有ります。

それが“新成人研究会”です。

研究会の設置目標は、以来の世間を担って行く若者たち門出を祝い、そして励まして以来成人となっていくことの自覚を促す狙いが有ります。

これは成人の日が制定された目標と似ています。

研究会では成人の日に全国各地で開催されている成人式を改善し改革することを目指しています。

近頃の成人式でのトラブルや新成人の対応を憂う人たちによって形成された団体です。

新成人研究会の目標として、ほんらいあるべき姿のわが国のすばらしい伝統ある成人式に対して現状を了解し、そして問題点を明らかにして、成人式に対する対応策を検討するものです。

そして成人式の開催趣旨に叶う新しい正確成人式のあり方をかんがえて創り出そうと言うものです。

より一層成人式を通して青少年の健全育成やスポットの活発化、関係する産業や文化や世間の発展にまで寄与出来ることを目標としています。

研究会の会員は、この目標に賛同した団体および個人によって構成されます。

地方公共団体もこれらの調査や研究に協力して得られた情報を有効応用したケースいう特に会員制度が設けられています。

活動内容としては、成人式大賞の制度運営や成人式のあり方をテーマにしたフォーラムや講習会の開催、各自治体へのアドバイスや情報提供等を行っています。

こみたいにして今毎年、成人の日に自然みたいにおこなわれている成人式に対して見直そうと言う活動がなされているのです。

タグ: , , , ,