成人式大賞

新成人研究会が運営している“成人式大賞”では成人式を客観的に評価する使命を担っています。

この成人式大賞は文部科学省の後援も獲得しておこなわれています

全国各地で成人の日に開催される成人式を新しい形で行ない、それを委員会に応募してくるのです。

委員会の事務局で第一次の選考をして、そのあと本審査委員会が開催されます。

そして従来みたいに成人の日に20歳の新成人を祝うと言う形だけじゃなく、多彩な形の成人式が出現しています。

各スポットの連携では、“2分の1の成人式”と称して10歳の子の式を行ないました。

より一層親世代では、“盛年成人式”と称して50代を集めて式を行ない、“高齢者層成人式”と称して65歳の高齢者の式を行ないました。

また“80歳の成人式”として生涯2回目の成人式を還暦から20年後の80歳で行ったところも有ります。

こみたいに多彩な成人式を企画、運営することによってスポットをあげて成人式を行なうようになり世代間の交流やスポットの活発化を図ることが可能なようになりました。

従来みたいに受身の成人式から、自分たちで企画して発信していく成人式になったのです。

2009年度成人式大賞に選ばれた作品では、“大人の階段”と称して階段に飾り付けをして“大人の階段”と大きく表示して、ユニークに仕上げながらもそれを上ることによって成人になることを自覚させると言うことに達成しました。

上りきった階段の上には手つくりの新成人を祝う巨大看板がお出迎えしていました。

式だとしても堅苦しい挨拶だけじゃなく、新成人による生演奏があったり、参加者みんなでトレンドの歌を歌ったり、小学校のときの学区ごとに写真を撮って後日郵送してギフトしたり、懐かしい給食を囲みながら恩師と語らったり等手つくり感いっぱいの式でした。

法的責任

いままで未成年だった若者が20歳になると出現日の日から大人の仲間入りを果たします。

成人の日は共に同じ新成人同士祝う日だとしても有ります。

成人したケース、これまでできなかったことも法律の規定によって出来るようになります。

こみたいに法律で規定しているのは、未熟な若者の行動によって世間の混乱を防ぐと共に、未成年者自信を守るためだとしても有ります。

ここでは法律が未成年者に対して認めている権利や義務をみていきます。

これらを踏まえてあらためて成人の日に大人になったと言うことを自覚してほしいものです。

まず何か罪を犯したケースでは、刑事上の罪は14歳になったときからその罪を背負わなければなりません。

未成年ですのでご家族裁判所での審判となってきますが、刑事責任は14歳から追及されます。

そして15歳では、本人の意志によって養子縁組をおこなうことが出来るようになります。

より一層遺言も15歳になると認められるようになります。

16歳では、原付や二輪の免許を取得することが出来ます

より一層女の人のケースではは、結婚も出来ます。

男性のケースではは18歳です。

女の人の方が男性と比べると急いで結婚が許されるのは、心身共に女の人の方が急いで大人になるからだとされています。

18歳では一般自動車免許の取得が出来ます。

そして20歳になれば法律上ではももう大人として認められます。

ですので親の同意がなくても法律行為が出来るようなってす。

そして飲酒や喫煙も出来ます。

新成人が大人の仲間入りをしたと実感するのは何と比べるとこの飲酒と喫煙で一番実感したケースおもいます。

こみたいにしていかにして20歳、成人を迎えると言うことによっていかに責任を負うかをきちんと認識してほしいものです。

タグ: , , , ,