権利と責任

成人の日と言うのは1948年に新しく国民の祝日が法律で制定されたときに新しく創られた祝日の一つです。

成人と言うのは、大人になり大人の世間の仲間入りを果たすと言うことです。

ニホン国憲法では成人を20歳と決めているので、20歳になった成人をみんなでお祝いするのが成人の日です。

ニホンでは20歳になると多彩な権利が与えられます。

国会議員や市区町村の議員を決める選挙に投票することが出来る選挙権が与えられます。

他にも親の許しをもらうことなく結婚ができたり、飲酒が認められたり、喫煙することが許されたりします。

親の許しをもらうことなく自分自身で決めることが出来る、と言うこと言うのは自分自身で決めて行動したことの責任は自分自身でとらなければいけなくなると言うことです。

20歳になって大人になるとなんだとしても出来るようになると、出来る言葉っかりに目を向けて喜ぶのではなく、きちんと行動に責任を持てるように大人になった自覚をきちんと持つことがたいせつです。

周囲の人は新成人が立派な大人になれるように、成人の日にお祝いと同じ時に励ましの意義を込めてエールを送るのです。

従来成人の日が制定されていた1月15日と言うのは、小正月で“元服式”と言う昔でいう成人式がおこなわれていた日です。

元服と言うのは今の成人の日と一緒です。

大人の仲間入りを果たし、髪型もスタイルも大人の形に直して、みんなでお祝いをしました。

成人の日の意義をよくかんがえて、成人になると言うこと出来るようになる権利を有効的に使用すること、そしてその責任もきちんと負える行動をとれるような大人になってほしいとおもいます

明治神宮の元服式

明治神宮では毎年成人の日に、明治神宮の御本殿前の境内で成人の日を寿ぎ元服式がおこなわれます。

この明治神宮の成人の日の祝賀元服式は、武家作法に則っておこなわれます。

対象者としては、その年に20歳の成人を迎える新成人で、小笠原流の弓馬術礼法の稽古を行っている人を対象としています。

元服式では、熨斗三方披露をし、男子の代表者に冠を支度します。

そして男子には風折烏帽子を被せます

女子には立烏帽子を被せます。

その後交代で柳台へ行きます。

次に式三献を行ないます。

式三献では瓶子を支度して雄蝶から雌蝶の瓶子に神酒を移します。

その後盃事の為の一膳が運ばれます。

続いて男子に神酒が注がれますから杯を左手に持って神酒を受けます。

女子のケースではは右手に杯をもって神酒を受けます。

こうして元服者みんなに神酒が振舞われて、最後は一膳と下捨が徹せられて終了となってきます。

ちなみに小笠原流と言うのは、初代の小笠原長清から継承されてきた流派です。

鎌倉時代に大大活躍した人物で、三法の“弓と馬と礼”を一体とした諸芸流派でした。

元は源頼朝が弓と馬の指南役として小笠原長清を指名したことから始まり、その後に後醍醐天皇の時代に礼法を加えて三法としました。

小笠原流といえばこの“弓”“馬”“礼”の三法が原則となっています。

こみたいにして毎年小笠原流にゆかりのある新成人が明治神宮にて元服式に神妙な面持ちで参加しているのです。

これが自治体と言うのはまた別の小笠原流派の成人式にあたるのです。

どうして20歳

成人の日と言えば、20歳の出現日を迎えたその年に成人として認められてお祝いする日です。

それでは、どうして20歳で成人とするのでしょうか。

成人の日と言うのは別に近頃では、選挙権は18歳から与えるべきだと言う話が国会だとしても浮上しています

もともとこの選挙権に対しては、憲法で“成年者による選挙”としています。

20歳と言う年齢に関連しては、民法に“満20歳を成年とする”と定められているからですのです。

それではいつから20歳が成年と民法に定められるようになったのでしょうか。

それは1896年に民法が制定された際に突然20歳が成年とされるようになりました。

それまでは、13歳から17歳くらいを成年としていました。

性別やスポット等によって若干誤差があり5歳の幅が有ります

制定されたのが、1896年だとしても現実にに生活のなかに定着し始めたのは、戦後のことです。

成人の日が1948年に制定された当初は、成人と言うのは18歳を想定していました。

これは労働基準法が18歳未満を保護対象としていることを参照にしていました。

選挙権に対しても当初は25歳からでしたが、1945年に20歳になりました。

少年法で成人を20歳としたのは1948年です。

民法で制定されて、それが世間的に浸透するまで半世紀近くの月日が流れました。

それでは民法が20歳と定めた理由はなぜでしょうか。

それはニホンの民法はフランスの民法をお手本としており、そのフランスでは20歳が徴兵の年齢で成人が21歳と定めていたのでそれを参照にしたやうです。

タグ: , , , ,