広島の寒中水泳

広島県では毎年成人の日に原爆ドームの近くに存在する相生橋と元安橋間で“寒中水泳大会”がおこなわれています。

これは広島の成人の日におこなわれる恒例行事となっています。

毎年多くのマスコミと見物人が集まってにぎやかに開催されています。

1月の身を切るような寒冷の中、寒中水泳大会は広島の冬季の風物詩としてもお馴染みとなりました。

この大会ではニホン伝統の泳ぎ方である“古式泳法”を披露する場です。

古式泳法と言うのは、約400年前の江戸時代の頃に生まれた武術の一つです。

武士のたしなみとして発展した武術です。

これは戦いのときに、敵の陣地に攻め入るケースではに存在する川や海、お堀等を突破したケースきにする泳ぎ方です

古式泳法は当時、藩によって泳法が異なっていました。

しかし今は寒中水泳大会を運営しているニホン水泳連盟の公認を受けているのは12流派です。

古式泳法は別名“ニホン泳法”とも呼ばれています。

成人の日に毎年開催される寒中水泳大会では、白の甚平姿に白の帽子で泳ぎます。

甚平の下には水着を着ています。

古式泳法では、敵陣に攻め入る際の泳ぎですので、敵に気づかれないように、体力を消耗しないように泳ぎます。

そこで大会だとしても、上流から下流へ向けて30mほど波を立てることなく静かにそして速く泳ぎます。

海や川や堀では水の流れや状況等が違うため、おのおのの実景ではも泳ぎ方が異なります。

“片手抜き”や“あおり足”等他にも多くの泳ぎ方が有ります。

この寒中水泳大会は、新成人が大人として以来一歩を踏み出す日にその覚悟の程を示す契機としてまたなにかの願掛けとして、いい機会となっているとおもいます

タグ: , , , ,