冠婚葬祭

“冠婚葬祭”と言う言葉をよく耳にします。

この“婚”は結婚のこと、“葬”はお葬式のこと、“祭”は“お祭り”のこと

そして“冠”と言うのは、成人式のことを指しています。

ご存じでしたか。

昔から武家世間で行っていた“元服”も成人の行事です。

そして満20歳になった男女が大人の仲間入りを果たしたことを1月の成人の日に祝うのが“成人式”です。

主に成人の日に市町村で開催されている成人式には、男性はダークスーツで女の人は振袖を身にまとって参加するのが世間一般的です。

特に決められたスタイルは有りません。

しかし20歳を通り越して大人になると冠婚葬祭に参加することも多くなります。

その為にもいざと言うときに着ていけるフォーマルな衣装を一式揃えておくこと言うのはたいせつなことです。

周囲の親しい人たちは新成人に成人のお祝いをあげるとおもいます。

そのケースではは新成人にふさわしいような贈り物をかんがえるといいとおもいます。

女の人のケースではは、祖父母や両親から振袖を贈ってもらうケースではが多く見られます。

安い買い物ではないですし、以後謝恩会に参加したケースきや、結婚式に御呼ばれしたときにも必要となるからです。

男性のケースではは、両親からスーツ、親戚からはネクタイやアクセサリーなどの小物を贈ってもらうケースではが沢山やうです。

大人を自覚出来るようなこれまでになかった贈り物が最良のやうです。

特にかんがえつかないケースではは、現金や品物券だとしても大丈夫です。

成人のお祝いを贈るなら、成人の日の1週間前までには贈るようにしましょう。

お祝いの品

成人の日のお祝いの品に対してもう少し詳しく述べます。

成人の日の男性へのお祝いの品としては、スーツやネクタイだけじゃなく、ベルト、時計、財布、パスケース等がいいとおもいます。

そして女の人へのお祝い品としては振袖や草履、ハンドバック、ネックレスなどのアクセサリー類、時計等がいいとおもいます。

全部これまでの生活と言うのはギャップ身に着けと大人を意識出来るものと言うのがポイントです。

そしてお祝いを差し上げるケースではには、メッセージカードや手紙等を添えて一言お祝いの言葉を述べるといいとおもいます。

内容としては、“新成人おめでとう

”と言うこと、“今日から大人の仲間入り”だと言うこと。

そして“世間の一員としてのあとあとの大大活躍を期待しています。

”と言うような内容を含めるといいとおもいます。

現金を送るケースでは、御祝儀袋は白赤の蝶結びの水引を使います。

御祝儀袋の表書きは、“御成人御祝”“御祝”“祝成人”等がいいです。

そしてお祝いをいただいた側に対しては、内祝いなどのお返しは必要有りません。

成人した本人自身が相手へ直接電話や手紙をして御礼を述べればいいです。

そして成人祝いをいただいた相手のファミリーに成人する人がいたら、この度お祝いをいただいた本人が贈り物をおこなうのが礼儀です

しかしながら内祝いをどうしても返したいとかんがえるケースではは、食品やタオルセット、ソープ詰め合わせ等を贈ることも有ります。

そのケースではは表書きに“内祝”と書いたのしをつけて本人の内入りで贈ります

タグ: , , , ,